キツネアゲインのブログ


by kitune_again

プロフィールを見る
画像一覧

本家キツネアゲインへのリンク


ピクシブryunoホーム

↑イラストはこちらから。


ツイッタryuno

↑生息中



本家キツネアゲイン

↑旧ホムペです(今は更新お休み中)

*お友達リンク*

たかのん大国(仮)

(いくたたかのんさんのブログ)

CRIMSON WORLD

(KUREさんのブログ)

火竜の体液

(いぶきちさんのブログ)

CLAYZY★DIARY

(エポ式さんのブログ)

かんづめクオリティ

(Battaさんのブログ)

加瀬風呂

(加瀬大輝のブログ)

t3のグダグダな日常

(t3さんのブログ)

ネガクリ
(タケジロウさんのブログ)

カテゴリ

全体
お知らせ
ウェブ拍手の返事
ラクガキ
戯言
ゲーム
漫画
アニメ
フィギュア、プラモ
キツネ知識
ゲームキャラ100
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2010年 12月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

300円で自分のRPG攻略の腕を試してみよう

「ブレスオブファイア・ドラゴンクオーター」

数年前に発売されたPS2のRPGです。
実はこのゲーム、価格暴落がものすごいことになっておりまして、
いまやワゴンセールで300円で叩き売られる始末。

だけど、俺的にこのゲームは超良作です。
暗い地下世界という世界観、それに合うように作られたグラフィック、
そして絶望の中で、か弱い女の子の手をとり、希望に向っていくストーリー。
(icoが好きな人ならぐっと来るシュチュエーションです、暗いけどw)
どれをとっても秀逸です、決してクソゲーなどではありません。

ではなぜこんなことになってしまったかと言うと、
それはシステムが大きな要因になってると思われます。
(暗い世界観なども要因の一つなんですが・・・)

このゲームの難易度は巷の大作RPGよりはるかに高い、
初回プレイでクリヤーするのは絶望的といわれるほどです。
なぜそんなバランスに設定されているのかというと、
実はこのゲーム「あえて途中で断念して最初からやり直してもらう」ということを
想定して作られたからなんですよ。
冒険途中でどうしても進めなくなった場合に、ギブアップを選択すると
所持金、経験値、装備品を持ち越して2週目に挑める。
そうやって、何度かギブアップをくり返してエンディングを目指すと言う設定がなされているのです。

だけど、この仕様はプレイヤーのやる気を確実に削ぐと言っても過言ではありません。
よっぽど根性が無きゃ、クリアーできずに2週目ってのは辛いものです。

おそらくですがこういった鬼システムから、投げ出すプレイヤーの中古売りが起き、悪評が広まり、結果今の大暴落を生んだものと思われます。

だけど、そんなことでこのゲームをやらないのは間違っている!
こんな良作がこのまま埋もれていくのは許せん!!


あれです、こう考えましょう。

「300円でできるRPG検定試験」

実は自分はこのゲーム、苦心しながらも一周目でクリアーしました。
確かに難しかったのですが、今までのRPG知識をフルに活用すれば一発クリアーは全然不可能ではないんです。

「回復薬の重要性」「計画的な武器の購入」「後の展開を考えた体力の温存」
「効率よく勝つため、強敵を打ち破るための戦略」「ベストなセーブポイントの選択」

そう、今こそ自分のRPGの腕の真価が問われるのです!

「挑戦」と言う視点で見ればこのゲームはすごく歯ごたえのあるものになっています。
決して、RPGとしての不備があったから安いわけではないのですから、
当然骨格はしっかりしてますし、戦略性があります。

どうでしょう?300円で挑戦できるなら面白いと思いませんか?
300円ワンプレーでどこまでいけるか?っていうのは俺的にはそそるんだがどうだろう?

もし、300円で買ってやっぱり途中でクリアーできなくて、投げ出しても、
「ゲーセンでゲームやった」と思えば、なんら不満はないと思われますw
他の大作RPGに比べたらプレイ時間は短いし。 
(逆におもしろいと思って、やり込んでもらえたらそれは幸いだしね)

俺的に300円は安すぎると思うくらいの本当にクオリティの高いハードなRPGですので、
やったことない人はこの機会に是非「挑戦」してみてください。


というわけで、「ブレス5が300円で売られてる」というのを耳にして、
今回はこんな日記になりました。
個人的に好きなゲームがこんなことになってるというのは納得しがたいものです、はいw
[PR]
by kitune_again | 2006-09-30 21:49 | ゲーム

キツネフィギュアができたよ!!!(マジで!)

d0028061_2202235.jpg


d0028061_2214679.jpg


d0028061_2223023.jpg


うきゃあああああああああああ!!

はい、というわけでキツネフィギュアができました!
デザインryuno、造形エポ式のコラボレーションフィギュアです。

事の発端は去年のこと。
うちのブログにコメントを書き込んでくれたことで、仲良くなった、
モデラーのエポ式さんから「イベントに出すためのコラボフギュアを頼みたい」
という依頼が来たので、企画がスタートしました。

「ドレス」がテーマということで、メッセンジャーで色々話しながら、
デザインを煮詰めていき、それを元にエポ式さんが制作を進めて行きました。
そして、今日のイベントで念願のお披露目と言うわけです!

残念ながら、北海道で行われたイベントなので、顔を出すことはかないませんでしたが、
写真を見るだけでもう感無量ですねw
っていうか、俺みたいな名も知れてない絵師の絵がフィギュアになった、と言うことだけで
嬉しすぎます!ホントに涙モノです。

しかも、東京と北海道という距離を挟んでの企画実現というのは良い経験になったなあ。
近くにいてもこういう企画と言うのは、なかなかうまくいくもではないんですよね。
途中で倒れることが多かったりするんですが・・・
今回は本当にいろいろな面でうまくいったんだなあと思いますよー。

近日中に、東京の方に送ってくれると言うことなのでワクワクしながら待ってます。
来たら、本家の方に特設ページ作ろうと思いますよ。

それでは、エポさん!本当にありがとう!
[PR]
by kitune_again | 2006-09-29 22:16 | フィギュア、プラモ

表紙製作中

製作中です。
一般向けにしつつ、エロを忘れない感じになっておりますw

そういや、今日行われてるとあるイベントである企画が実現したんですよねー、感無量なんですよね。
夜にはそれについて話すよー。


*今日のイデオン(ネタバレ含む)

今回はすごくガンダムみたいな話だったなあ。
コスモたちイデオン操縦者の連中が命令に縛られるのは嫌だといって、
勝手な行動をとり、ピンチに陥ってしまう話だった。
前回までしたたかな面を見せてたコスモ君ですが、ここに来て子供っぽさ爆発です。
バッフクランと戦う理由も、「復讐」から「生き延びるため」という当初の目的に戻ってるしw
ただやはりガンダムよりは感情表現が激しいですね、その辺はエヴァぽいです。

ところで前回、色々厄介なことをしでかしたけど、
姫様のおかげで罪を逃れた女研究者ですが。
あんなに後悔して泣きじゃくってたくせに、もうこの回では立ち直って、
命令違反を犯したコスモたちを「有罪にすべきよ!」と言い出す始末。
しかも、そのときコスモにさりげなく前回のことを突っ込まれると、
「やっぱ有罪はよしましょう」とか言ってるし。
手のひら返しすぎ!w
最悪や!この女!
[PR]
by kitune_again | 2006-09-28 12:02 | 戯言

今日のイデオン

マンガ製作中なので、毎日見るイデオンしかネタがありませんw
なので、イデオンの感想でも書き連ねていこうと思います。

しかし、ネタバレ多く含むので「これから見たい」という人はあんまし見ないほうが良いw


*今日のイデオン

軽くイデオンのあらすじ。

地球から何百光年も離れたソロ星という星に移民して暮らしていたコスモとその仲間達。
しかし、そのソロ星には第六文明人が開発した伝説の巨人イデオンが眠っており、
それを調査に来た、異星人バッフクランに遭遇する。
ただ調査に来ただけのバッフクランとただそこに移民していた地球人ではあったが、
文化のすれ違いなどのせいで戦闘に。
そんな中、主人公コスモがイデオンを復活させてしまい、その力でバッフクランに対抗。
だが、、それにより地球人とバッフクランの間は完全敵対状態になってしまった。
ソロ星の移民(地球人)たちはソロシップ(ガンダムで言うホワイトベース)に乗り込み、
ソロ星を捨てて地球人がいる星に受け入れ要請を出しながら宇宙を漂流することになる。
途中幾度と無く、バッフクランの追撃に会い、その都度イデオンを使って切り抜けるのだが、
戦闘を重ねるたびに、両軍とも敵意を増していき、まさに泥沼状態に陥って行くのであった。

こんな感じ。

で、改めて今日のイデオン↓

前回の一件で「俺はバッフクランを壊滅させてやる!!」っと復讐に目覚めてしまったコスモ君。
それまでは主人公のクセにイデオン操縦シーンしかあまり見所が無かったのですが、ここに来て「復讐」という目標が出来たことにより、俄然目立ち始める。
捕虜(もはや味方だが)のバッフクラン軍のお姫様に「バッフクランの戦術を教えてくれ!」と詰め寄ったり、イデオンの秘密を研究しているがあまり協力的でない上、逃亡まで考えている女科学者に恩を売ることでイデオンの秘密解明に徹しさせようとする。

いやあ、人間目的が出来ると積極的になるもんですねw
しかも、その目的が復讐なわけだから恐ろしいw

あと、この捕虜のお姫様がすごく泣ける。
コスモ達側についたことによって、バッフクランには戻れないし、
しかも、コスモや仲間達からは「アイツは異星人のスパイに決まってる」と
仲間はずれにされ、命まで狙われる始末、ヒドいw
それでもこのお姫様はこの話で、仲間に逃亡を促して、自分も一緒に逃亡しようとした研究者を
かばうために「自分がこのものたちを脅して逃亡させようとした。」と言う。

立派だ、この人w

だけど、そのせいで、より一層内部に不信感を抱かせてしまい、牢獄行きに・・・
(コスモだけは泣きじゃくる研究者から事実を聞きだし、姫様を見直すのだが)

うーん、また今回も話が泥沼に沈んでいきますねw
一話放送されるたびに確実に泥沼に沈んでいってます。
今後も見逃せませんw



ところで、ソロ・シップの艦長のベスというキャラがいるんですが、
コイツがまるっきりブライトさんです。
軍人口調で、移民たちの統率を取り、時には頼りない一面も見せる。
う~ん、ブライトさんだ!
しかも、このブライトさんは一味違う。
なんと、白兵戦のプロであり、バッフクランの強者と決闘した際に格闘で対等に渡り合うという腕っ節の強さw
人間用ビームサーベルとビームガンを両手に持って敵をバッタバッタなぎ倒す姿は、
まるで人間版ガンダムを見ているかのようですw
ある意味コスモ君より目立ってると言うか、コイツが主人公なんじゃね?って思うw

とりあえず、ブライトさん好きでイデオンをこれから見る人は、このベスに大注目しよう。
(というか、イデオンには隠れキャラでブライトさん自身が登場してたりするそうです。おれはわかんなかったけどなあ)
[PR]
by kitune_again | 2006-09-27 22:26 | アニメ

あるかのいど~(声:大山のぶよ)

昨日のトリビアの「大山のぶよはアルカノイドがうまい」ってトリビアすごかったなあ。
いや、「大山のぶよはアルカノイドの達人」ってのはゲーム通にはかなり有名なので、
俺も知ってはいたんですが、実際プレイを見たのは初めてだった。
ホントにワンコインでクリアーしてたよwww

それに何より良かったのは、ドラえもん声で「あるかのいど~!」って言ってくれてたこと。
これはゲームファンにとってはたまらんねw
他にもアイテムとるたびに「えきすぱんど~」とか「ですらぷしょん~」といったアイテム名を読み上げてくれてたのは感動モノw
アニメでは絶対口にしないであろうテレビゲーム関連用語をドラえもん本人が口にしてるというww
いやー、たまんないなw


話は変わって、イデオンなんですが。

昨日見た話はイデオンが名作たる所以を垣間見せられた感じでした。
特に主人公のコスモがすごく良い。

今回はイデオンが大破した上で敵に囲まれて絶対絶命の状況に陥るんですが、そのときのコスモは「ただただ恐怖におののき、情けない声を上げ続ける」という主人公にあるまじき行為に走るんですよw
もうなんか「そんなああ、あうう、こんなところでしぬのかよおお」みたいな。
でもそこに、ガンダムを超えたリアルさを感じたねー。
思えば、ガンダムではアムロの鬼神的な強さのせいで、あまり戦争に対する恐怖は強く感じなかった。
でも、イデオンは戦争に対する恐怖という点でものすごく訴えかけるものがありますわー。
(コスモは最初に見たとき「主人公がアフロかよ!?」っとイマイチ感情移入できないキャラだと思っていたのですが、大間違いでしたねw)

その後の展開もすさまじい。(以下、ネタバレ気味)

その時の精神ショックから抜け出せないコスモ→そんなコスモを見かねた女性指揮官が母親のように優しく接してくれる→敵襲来→敵の攻撃により吹っ飛んだ車の下敷きになる女性指揮官→コスモ、助けようと女性を引っ張り出そうとする→痛みに悲鳴を上げる指揮官→コスモ、その下半身を見て絶句→コスモ、悲鳴を上げてイデオンに乗り込む→イデオン発狂、ガンバスター張りの全方位レーザ砲で一瞬で敵を倒す。

・・・う~ん、すさまじすぎる。
なんか、今後の展開はもっとすごくなりそうだなー。
なんにせよ絶対見逃せなくなっちゃったなこりゃw

そういや、イデオンってなんかに似てると思ったら、エヴァの庵野監督の作品にところどころものすごく共通点を感じるわ。
全方位レーザはガンバスターも使ってたし、発狂して強くなるとことかエヴァだもんなあ。
まあ、庵野監督のことだから、やっぱイデオンの大ファンだったりするんだろうなw
[PR]
by kitune_again | 2006-09-26 13:35 | アニメ

宇宙を逃げるイデオン

最近アニマックスでやってるイデオン観てます。

ガンダムよりもより濃厚に人間関係を描写してますねー。
テーマは「すれ違い」って感じですね。
ちょっとしたすれ違いから大規模な戦闘に発展してしまったり、人間関係ギスギスしたり。
ガンダムで言ってた「人はいつかわかりあえるのよ」ってテーマの裏を行ってる気がします。
ある意味そこらへんはゼータガンダムと一緒ですね、
「結局人間は分かり合えない生き物だ」っていう絶望感が漂ってきます。
まあ、ガンダムではニュータイプというものを通して「いつかは分かり合える」と、
希望を持たせてますが、イデオンにはニュータイプ的な意思疎通はないので、
どんどん事態が悪化していくというw
何はともあれ、まだ序盤ですので今後の展開が楽しみです。

あと、ロボ的に言うとイデオンはデカイジムだし、敵はビグザムっぽいのばっかで、
ガンダムの方がデザイン優れている感じがしますが、戦闘自体は面白いです。
ある程度はガンダム的な防御力を発揮するイデオンですが、
敵の猛攻に会うと思いのほかもろく、バリバリ装甲に穴が空くあたりドキドキもんです。


あと、今見てるアニメでなんとなく毎回見ちゃうのが、
カートゥーンネットワークでやってるホームムービーズという作品↓
http://loucartoon.gozaru.jp/home/index.html

やる気のない絵、ダメ人間ばっかのキャラクター、起伏のないストーリーと
本当に脱力してしまう内容のアメリカのアニメ。
最初観た時は「こんなアニメ誰が見るんだ?」っとものすごく疑問に思ったんですが、
見ているとこれが妙に止められない止まらないw
よくはわからんが妙にそそる不思議な作品です。

個人的に主人公ブランドンのお母さんが印象的です。
親子という関係でありながら、息子のブランドンにものすごく理解があり、
対等な立場で違和感無く接しているというとこが、今までにないアニメの母親像で新鮮でした。
(でもこのお母さんも、人前で緊張すると放送禁止用語を連発する症候群を持ってるダメ人間だw)
まあ、単にこのアニメに出てくる大人がすべからく子供っぽいからか、
子供が大人っぽいからだけなのかもしれませんが。

主人公も自主映画を積極的に撮っているなど、ダメな中にも一長一短あるところがおもろい。
ダメでゆるい世界で生活しながらも、それにあまり絶望している様子は見せないで、やる気のない中でもポジティブに暮らしているキャラたちは妙に魅力的なのですわ。
ただやっぱりダメな奴ばっかだけどw(特にマグワイヤーコーチ)
おススメです。
[PR]
by kitune_again | 2006-09-25 14:48 | アニメ

マンガかきちゅう

なんか昔よりもスラスラ描けてます。
というか、マジで空間認識能力ついたかも。
前は何度も消しては描いての繰り返しだったけど、
今はバシッと一発でポーズが決まるよ。

んなわけで制作超順調です。
やほーい!w

そういやレタリング(文字のデザイン)勉強したいなあと思う今日この頃。
こういう同人誌描いてると擬音とか題字とかで色々文字のデザインって必要なのよね。
ただレタリングは奥が深いので、なかなか一筋縄で身につけられるもんじゃないんですわ。

それか、書道をもう一回習いたい。
子供の頃に習ってたんですが、先生が亡くなってしまわれたために一級止まりなんですよね。
今考えると、書道ってのは絵を描く行為とすごく似ている。
一筆入魂して精神力を高めたり、何枚も何枚も描いていい形を決めたり。
ただ絵と決定的に違うのはスピードですね、一瞬の勝負の世界なので、
すごくテンポの良い美術って感じ。
書道には絵を鍛錬する喜びがすべてつまってる感じがしますよ。
[PR]
by kitune_again | 2006-09-24 01:04 | 戯言

みみけっと配置決定(えー28)

っていうかとっくに発表されてたみたいw
ホント最近ボケボケですわー。

んなわけで正式に。

サークル名:もふもふ
配置:えー28

です。

*詳しい場所は下のリンクの配置図をご覧ください。

みみけっと配置図



会場の真ん中らへんですねー、ラッキー!・・・なのか?w
まあ、どこでもいいけど。
中規模イベントは初めてなのでわくわくです。
是非来てねーw

しかし、コミケってつくづくすごいと思うわー・・・
みみけの何倍のスペースつかっとんねんって感じやねー。
[PR]
by kitune_again | 2006-09-23 17:47

色々とおしらせ(イベント関連)

とりあえず今後のイベント参加活動をまとめておきます。
お暇でしたら是非いらしてください。
「キツネアゲイン見ました。」とか言われたら嬉しくて泣きゲロはいちゃうよ、多分w


・10月15日「みみけっと15」に参加。


耳付キャラ限定のイベントです。
狐少女サイトやっておきながら、なぜ今まで出なかったのか、自分でも不思議なくらいです。
サークル名は「もふもふ」
本は18禁キツネ本です~。
初の18禁なんでがんばっちゃいますよ?ホント。

*みみけについての時間、場所詳細は以下のリンク先のページにて。
みみけっと公式ページ



・11月12日「コミティア78」に参加。

オリジナル創作物オンリーのイベントです。
こちらは3回目ですね。
一応、アダルトで応募してますが普通のキツネマンガ描くかもしれません。
あと、みみけで描いたエロ本も持って行くと思います。

*コミティアについての時間、場所等の詳細は以下のリンク先ページにて。
コミティア78



・大晦日、コミケ参加予定。

これはまだ当選が決まってないのでなんとも言えませんが、
受かったら、うたわれるもの本やる予定です。


こんな感じです。

あと、本家からいけるもふもふの公式サイトですが全く機能していない状態なので、
近い内テコ入れします。
話はまとまってるので確実でしょうw


それでは今後とも、もふもふ、キツネアゲインをよろしくー!
[PR]
by kitune_again | 2006-09-22 04:32 | お知らせ

みみけ会議

昨日は友人と徹夜でみみけ会議しました。
もふもふの方向性などが色々決まってかなりワクワクです。
帰りに渋谷に行って画材と紙を購入して帰りました。

ちょろっとゲーセンに行ったら、タイムクライシス4があったんでやってみた。
アーケードゲームはあんましやらない方だけど、ガンシューだけは別ですw
ハウスオブザデッド2なんて、財布が泣く位やり込みましたからねえ。
(wiiでハウスオブザデッドコレクションでねえかな、液晶テレビ対応で。
出たら即購入するんだがwあと、ハウスシリーズはいい加減ハンドガンに戻して欲しいわ)

なんか照準設定めちゃくちゃずれててやりにくかったけど、簡単にステージ3?まで行きました。
システムはほとんど前作と同じで、世界観はバーチャコップって感じです。
前作はアウトドアが多かったので、室内バトルにはなかなか好感持てました。
あと、新システムの三方向バトルはかなり良いです。
なんか刑事ドラマで左右警戒しながら銃撃戦をやってる時みたいな感覚で○
おもろかった。

帰りがけに一回だけUFOキャッチャーやったら一発ゲット、
調子に乗って何台かやったらことごとく商品ゲットでウハウハです。
やっぱ俺、寝てないほうが感覚鋭いわw
それとも、絵ばっか描いてるから空間認識能力でも身についたのかな?
[PR]
by kitune_again | 2006-09-21 12:08 | 戯言