キツネアゲインのブログ


by kitune_again

プロフィールを見る
画像一覧

本家キツネアゲインへのリンク


ピクシブryunoホーム

↑イラストはこちらから。


ツイッタryuno

↑生息中



本家キツネアゲイン

↑旧ホムペです(今は更新お休み中)

*お友達リンク*

たかのん大国(仮)

(いくたたかのんさんのブログ)

CRIMSON WORLD

(KUREさんのブログ)

火竜の体液

(いぶきちさんのブログ)

CLAYZY★DIARY

(エポ式さんのブログ)

かんづめクオリティ

(Battaさんのブログ)

加瀬風呂

(加瀬大輝のブログ)

t3のグダグダな日常

(t3さんのブログ)

ネガクリ
(タケジロウさんのブログ)

カテゴリ

全体
お知らせ
ウェブ拍手の返事
ラクガキ
戯言
ゲーム
漫画
アニメ
フィギュア、プラモ
キツネ知識
ゲームキャラ100
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2010年 12月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

なんでガンダム

20歳を越してからどっぷりガンダムにはまってしまっている気がする。

俺がガンダムを本格的に見始めたのはPS2の「連邦VSジオン」をやってからだ。
ガンダムを見はじめたのは遅いほうと言って良いだろう。

最初はただ単にゲームが面白かったからやってたのだが次第に
キャラクター、ロボの魅力、
そして、なんと言っても一度聞いたら忘れない独特の台詞回し。

結局、アニメを見はじめてしまい、
今年にはいってゼータを観た事によって、すっかりガンダムファンになってしまった。

もはやガンダムが動いているだけで楽しくなってしまった。

なんなんだろう?このガンダムってやつはw

ガンダムについてのいろいろな考察文は良く見るので、
ガンダムの魅力って奴は理解できてきているが、
でもやはり、これほどまでにそそられる理由がわからない。

一体なんなんだろうな?
作り手になろうとしてる俺にとっては、
ガンダムにものすごいヒントが隠されてるに違いないと思ってしまう、
ガンダムについて改めて考える必要がある気がする今日この頃です。
[PR]
by kitune_again | 2005-09-30 19:17 | 戯言

直ったみたいね。

直ったみたいっす〜、よかよか。
あと阪神優勝したみたいね、おめでとう。

エロ絵はあとちょいです。
なにげにまたポスター描かんと行けなくて映像ができねえええ!!

がんばろうw
[PR]
by kitune_again | 2005-09-29 21:17 | 戯言

なんかusenがドジってるらしい。

なんかキツネアゲインが見れなくなってますよ。

ちょい前から見れないみたいね。
実は、俺はちゃんと見れてるので今まで気づかなかったけど、
他の友人はみんな見れないらしい。

んで

見れない理由

こういうことらしいw

どうりでここ数日アクセス数がガタンと落ちたと思った。
なるほどそういうことか。

早く復旧願う。
キツネちゃんの顔が拝めないのは駄目だ!
(俺は見れるけど)
かなり最悪の事態だ!
なんとかせよ、usen!
[PR]
by kitune_again | 2005-09-28 02:00 | お知らせ

ポジティブシンキングを考察する。

最近良く「りゅうちゃんはポジティブシンキングだね。」と言われる。
確かに今の自分は何かとポジティブシンキングだと思う。

嫌なことを嫌なことと思っていると疲れるからだと思う。
昔は嫌なことが迫るとずーっと嫌だ嫌だと頭で考えていたが、
それは相当に疲れる作業であるし、つまんない。
無駄に体力を浪費するし、行動力がなくなる。
しかも、それを声に出して友人や親などに言うと、
そのまま自分に帰ってくるだけである。
会話と言うのは、他人に話していると同時に、
自分にも話しかけているからだ。

いつからか、嫌なことが迫っても嫌と思わなくなった、
っていうか、思うことを止めた。
思うことができるのなら思わないこともできるのだなっと知った。
でも、それはけっして忘れると言うことではない。
忘れてしまったらタダの馬鹿である。
思わないだけで、ちゃんと心にとどめておくこと、
それができるようになったわけである。

こういうことができるようになってからはとても気が楽になった。
心に余裕が生まれたからである。
人間余裕がないとどうしてもネガティブな思考になるし、パニックにも陥る。
すべては余裕からはじまる、
余裕がなければモチベーションを保ち続けることは難しい。
余裕があれば、充分に思考することもできるし、他の人や物を観察できる。
したがって、相手の会話や動作を観察することで相手の感情を読み取ることが
できるようになる。
今、そのとき、その人間が何を訴え欲しているか、
そのニーズに対応できるようになる。
情報を得るということはとても重要である、感情さえも情報であり
それを把握することで自分の行動を決められる。

しかし、相手の顔色を見てそれにすべてを合わせていくような
いわゆる「校長と教頭」のようなことは別にしなくていいのである。
相手のニーズを拒否することもできるし、第三者として眺めていることもできる。
そうすることによって自分の意思表示にもなる。
相手のためになるのであれば、わかっていても黙っていることは必要だ。
また、物事には話すべき時と言うものがある。
一番、その相手に強く伝えられる時間、時、場所、手段というものを選んで、
コミニケーションをとることが重要である。
情報を得ることも大事だが情報を使うタイミングというものも非常に重要だ。
これらのことは演出というものに当てはまる。
演出と言うのは表現において最大に重要な要素である。
デザイン、絵画、マンガ、イラスト。
そういったクリエイティブな作業において演出と言うものは欠かせない。
演出ができる人間は、相手に何かしらの感情を抱かせることができる。
逆にそれができなければ、そのほかの点でどんなに優れていても
相手に何らかの感情を抱かせることは難しい。

人間はコミュニケーションを駆使することで生きる生物である。
クリエーターを含む、様々な職業はコミニケーションを糧とする。
故にそういう職につくものは、職種に関わらず、
演出を熱心に学ばなくてはならないんじゃないだろうか?


・・・あれ?何について話してたんだっけ?

まあいいや、
そうだ!エロ絵描かなきゃ!
色塗り始めたから、明日にはできるかねえ。

あ?上の文章?
いやw今日もネタないから「エロ絵描いてます。」じゃつまんねえから
かいてみただけよ、気にしない気にしな~い。
[PR]
by kitune_again | 2005-09-27 19:34 | 戯言

絵かかにゃ2

線画できた。
しかし、エロイ絵描くの久しぶりだなあ。
前よりはうまくなってる気がする。

・・・って、こんなんで冬コミ大丈夫なんか!!?ww

がんばりますw

追記:
最近、やたら誤字脱字が多い。
ちょくちょく直してはいるんですけどねえ。
人が読むもんなんだからもっと考えて書かんといかんよな~、やっぱw
[PR]
by kitune_again | 2005-09-26 22:29 | 戯言

絵かかにゃ

毎度毎度のことだけど絵かかにゃw
ホムペ更新しなきゃな。

んじゃウラアゲ向けに一点描きますか。
[PR]
by kitune_again | 2005-09-25 20:57 | 戯言

マッドハウスに行った。

今日はかなりのイベントがありました。
長くなりますが、実録ルポなので
興味ある人はどうぞ。

マッドハウスに見学しにいきました。

中央線、荻窪駅から徒歩5分のビル、
9階と10階にマッドハウスはあります。

エレベーターが開くと、そこにはマッドハウスと書かれた
赤い正面玄関が。
色んなアニメのポスターやフィギュア、本が並んでました。

まず最初に会ったのは丸山さんという方、
短パン、アロハシャツの人のよさそうな人で、左手のお菓子の袋をもって
なんか食べながら来た、しかし、なんだかこの人からは鋭い空気を感じる。
それもそのはずだった。
この人はマッドハウス前社長で、いまや超プロデューサー、
マッドハウスのカラーを決めた人なんだそうだ。

恐れ多すぎる・・・・・!!!
心のなかで拝んでましたw

とりあえず恐れ多いので移動。

その次に特効のスタッフのクミさんという方に会いました。
(特攻ではありません特殊効果です、「ぶっこみ」とは読まない)
この人が俺を案内してくれるらしいです。
すごく良い感じの姉さんだけどぽわーんとした空気を持ってる人です。
親近感アリアリで話しかけてくれたので何とか緊張もほぐれました。
んで、いよいよ見学スタート。

企画部は入れなかったので製作から、
製作部は絵を描くよりも進行状況や企画を統括する場所らしい。
監督とか演出、シナリオ、原画の人はここにいるみたいだ。
なんか昼時だったんで、あんましスタッフの人はいない。

そこで製作の三田さんという方に会う。
やはり良い感じのおじさんでこの人も見学に同行してくれるそうだ。

んでんで、またそこで丸山さんに会う。
そういえば、差し入れに持ってきたカステラを渡すのがまだだったんで渡したら、
なんかすごく喜んでたw

なんか、この丸山さんは食通らしくて、
後で聞いたのだが、この前マッドハウスの近くにレストランを作ったらしい。
高級食材をふんだんに使った料理がマッド社員ならとてつもない安価でたらふく
食えるらしいよ。しかも、マッド社員専用スペースがあるそうな。

なんとも楽しそうだなwマッドハウスw


さて、続き。

まず最初に今度やるアニメ「アカギ」を作ってる一帯へ。

っていうか机8個ぐらいしかありませんよ!?
っとびっくりしてたら製作はそんなもんで、
描く部署はやはり違う場所にあったり、外注だったりするわけで
製作はまさにコア部分で、一部所にものすごい人数が
ガーーーーッといるわけではないみたいだ。
やはり昼時で、監督とあと一人くらいしか人いないしw

でwその監督というのが佐藤雄三さんという方でアニメ「ごくせん」の監督でもある方だ。
う~んやはりとっても人が良さそうだwとても気軽に俺と話してくれた。
何を話したかは緊張で頭が真っ白なのであんま覚えてないが、色々話した。
最後に「アカギの絵を動かすのって大変そうですねえ」っと言ったら。
「う~ん、そんなでもないよ?アニメの力は無限だからねえw」と話してくれた。
やはり!やはり!この人はアニメが好きなのだ!っとなんか感動してしまった。
(まあ、そりゃ当たり前の話なんだろうけどさ)

その後、いろいろ観て廻る。
矢沢愛原作のマンガのアニメの部署とか名前は覚えてないがなんかのアニメの部署とかw
(ものすごく失礼だけど、ホント頭真っ白状態で・・・ごめん・・・)

っていうか昼時でやっぱ人すくねw
んで、MONSTER製作部も見た。

全員いませんwww

なんか、この前最終話が終わったらしくって
みんなもう休暇とったりしてるみたいだそうだw
裸のお姉ちゃんの絵に製作終了!という文字が書かれた紙が机の上に張られていたw
そんなわけで、監督の机を見て拝むだけに留めといた。
写真があったので写真で監督の顔は確認しますた。

その後、動画部へ移動。

動画部は人がいましたw
っていうかみんな話しかけられないオーラが!
うーん、すげえ。
やっぱ机は少ない、動画部といってもここは、
主に外注で帰ってきた動画のチェックや、直しをする部署らしい。

一応中にいた人を数人紹介してもらったけど、みなさんなんか
あんましゃべる人ではないみたい。
なんか部署によって人柄が出るなあっと思った。

各机の脇にはものすごい数の資料がありました、
知ってる本もちらほら。
後フィギュアが仰山あったw

あんまし、邪魔できなかったので描いてるところは見ませんでした。
見たかったけどw

動画部の奥にはなにやらガラス張りの壁に仕切られたスペースが、
ドアに張り紙、「川尻善明、無断出入りOK」

ぬほおおおおおおおおおお!

ここにあの川尻善明さんが!川尻善明監督がああああああ!

いませんでしたW

いや、紛れもない正真正銘、川尻監督の部屋なんですけどね。
やはり、夕方にならんとこういう方はいないみたいです。

無断出入りOKみたいなので入りてえなW
って思ったけど、空間が恐れ多いので入れませんW
外から眺めてました。
なんかデザインチックな恐竜らしきフィギュアが並べてありました。
後レトロなロボットとか。

その後移動。

今敏監督が仕切っている部署へ。
ドアに東京ゴッドファーザースのポスターが張ってある。
そして中に入ると・・・

きたあああああああああ!!
今監督きたあああああああ!

となると思ってたのにやっぱいませんW
はい、人全然いませんW

でも今監督の部屋を見れて良かった。
なんか川尻監督と一緒でガラスで仕切られたスペース。
中はあんま確認できなかったが色々資料が並んでいた。


お次はりんたろう監督の部署ですよ!
ドアにメトロポリスのポスターですよ!
メトロポリス3回劇場に見に行ったよ!!

なかにはいるっとおおおおお、

電気もついてねえやこれがW

あーもうwたーのしーい。

奥にりん監督の部屋が・・・・
誰もいないが、ドアが開いている・・・・

クミさん「はいっちゃおうか?」

いいいいいいのかああああああああああああああ!!?
だめだろおおおおおお!?
はいっちゃだめだろおおおおおおお!!?
やっぱそこはねえ?ちょっと入りずらいというかなんと言うか、う~んw

速攻入りましたw

りん監督の部屋はいちゃったフォーーーー!!

なんかホワイトボードに次のアニメーション映画のイメージボードが色々はってあります。
詳細とか出しちゃ駄目かもしんないので伏字にするが、

****がだいざいで***で****だそうだ。
んでキャラデザが寺**也。

なんかすごく良い感じだった。
ゼックとか好きそうだな。

りん監督の部屋は多少広い気がする。
物が整理されてたのかな?
窓からは町並みが一望で羨ましい限りです。

んで、移動、次は背景部。
背景はまだデジタルではなく手塗りしてます。
すこし見せてもらったけどやっぱすげえうまいっす。
なんか、みんな作業中で中には溝引きをしてる人もいたので
邪魔しちゃ悪かったので退散。

んで、階を移動して、クミさんのいる部に。
今まで、みてきた段階はほとんど昔のアニメーションと変わらないらしいのですが
ここからはデジタルに切り替わった。
確かに、デジタル屋って感じな人たちがたくさんいます。

ここで色塗りの作業をちょっと見せてもらいました。
要はコンピューターで取り込んだ線画の線と線を補正して
原画の色指定からスポイトツールで色をとり、
選択範囲を指定して色をポンポンおいていくって感じです
まさにフォトショップな感じの作業でした。
ここに来てはじめて「ああ!俺にもできる!これはできるぞ!!」っと思える
作業でした。

でも色塗りはほとんど外注らしいw

んで特効。
俺は今まで特効っていうのは今一、ピンとこなかったんですけど
ここで作業を見てかなり重要な作業だと知りました。

簡単に説明すると特効というのはセル絵や背景に質感やハイライトを入れて
絵を仕上げる作業です。

俺がイラストを描く時の手順に当てはめると。
さっきの色塗りは俺で言う、大まかな色塗りとレイヤー分けで、
この特殊効果というものは、俺で言う本塗りに当たる作業と同じです。
つまり、俺が一枚の絵に5~6時間かけている部分なのです。

みたらわかるんですが、この特殊効果前の絵と特殊効果後の
絵を見ると、月とすっぽんです。
ものすごいクオリティの違いです。
クミさんが作業した絵を見せてもらったのですが
俺なんかより全然色塗りがうめえ!!(あたりまえだけど)
質感がはっきり出てるうう!全然cgっぽくねえ!スゴイ!!
しかも、これを一枚一枚動画にあわせてつけてくんだから、もう脱帽です。
(テクスチャもいっぱい使ってるみたいですけど手塗り部分も多い)

なんかもう、プロって奴のすごさを思い知りました。
すごすぎる・・・

その後は最後の部署、撮影部ですけど。
超ビジーだったので全く話しかけられませんでしたw


っとまあこんなところでしょうか。
長くなりましたが、頭が未だに真っ白な状態なので一生懸命思い出して書きましたw

まだまだ色んなことがあった気がするが、まあ、それはいずれ
またマッドハウスに行く機会もあるっぽいのでそのときにでもw

(っていうか、もし詳しく知りたいところがあれば質問コメントくれれば、
がんばって思い出して書きますわw)

俺的な感想をまとめると、
「俺はまだまだクソアマチャンで全然ダメダメの努力足らずで足元にも及ばない駄目野郎。」
というところです。
甘いです、本当に甘いです俺。
俺のやっていることなど屁でもないです。
現実を知りました、プロというもののすごさを知りましたね。

なんかやっぱプロってオーラが出てます。
職人って奴はヤバイです、みんなオーラがでてるんですよ。

このオーラが見えただけでも幸いでした、
絵を描かない人だったら多分、全然気づかんでしょう、このオーラ。


本当に、本当にがんばらなくちゃいけないと思いましたね。

以上、マッドハウスルポでした。
[PR]
by kitune_again | 2005-09-24 22:18 | アニメ

2年ぶりの空気

友達の家に遊びに行ってました。
かなり都心から離れたところにあるので電車で揺られながら2時間半。

駅を降りたら懐かしい感覚が、
匂いが自然の匂いです、すごく空気が良いです、
っていうか山が見えますよw

俺はここ2年間、どこにも旅行には行かなかったので
この感覚は素直に嬉しい。
癒されるわw

なんか色々楽しかったのですが疲れたので書く気が起きんw
トップをねらえを久々にみたなあ、やっぱ最高に面白かった。


なんか、もしかすると俺コスプレするかもしれんです。
まだ何やるかわからんですけど、
キングゲイナーのゲインやりたいとは思うんだけど・・・w
やるとしたら、まず肉体改造からはじめないといかんw
あと、毎日渋い顔の練習をしなくては・・・

っていうか、最近俺、色んな物に手を広げすぎw
でも、色々楽しいです。
[PR]
by kitune_again | 2005-09-23 17:23 | 戯言

やわらかあたま塾

脳を鍛えるDSトレーニングにはまったうちの親が一ヶ月前に買ってきた。
なんかDSはホント家族ぐるみでやってる。

以前、DSトレーニングが良い感じだとと書きましたが、
このやわらかあたま塾の方が中毒性は高い気がします。
テストで得点を競うのが超熱いです。

今はうちの母とバトル展開中。
俺が四段をとったら、母が追いつき、五段を取ったら母が追いつき・・・
そんな感じで先日、また俺の7段に母が追いついた。
でも、スコアでは母に越されており非常にむきいいいいい!!
ムカついたので、母が出かけている間に八段とってやりました。
脳の重さ1840gだそうです、ランクは天文学的頭だそうです。

DSをそーっと母が出かける前にあった元の位置に戻しておく。
奴が次にDSを起動するまでは一切スコアを越したことは言わない。
そしてタバコをすいながら優越感に浸る。

なんかこれが最近の楽しみの一つである。
[PR]
by kitune_again | 2005-09-22 14:26 | ゲーム

秋葉のお稲荷様

d0028061_565559.jpg


秋葉のクラブセガの後ろあたりの裏路地に稲荷神社を発見。
ひょっこりとかわいらしいが立派なお稲荷様だ。

秋葉にもお稲荷様はいたのだ、
この道は前も通ったことあると思うのだが見逃していた。
お稲荷様を発見した友人と俺はお賽銭をあげようと思い近寄る。
でもなんか、賽銭箱はないしシャッターのようなものが下りていたので
あきらめて、ご挨拶だけに済ますことにする。

両手を合わせてしばし、ご挨拶。

その後稲荷神社を後にし、駅へと向かう。

途中で友人が「きっと秋葉のお稲荷様はパソコンモニターを見つめすぎて
ど近眼のメガネっこだ、んで油揚げが近くに売ってないから困っている。」
ということを話した。

納得。
秋葉の駅の近くに油揚げを売る店があれば良いなっと思った。

きっと今はipodnanoをみて「うすいー」「ちっちゃいー」といってるだろうな。

そういうラクガキ。


どうでもいいけど、この「ipodnanoなの」っての俺の回りでなんか流行ってるんですが。
まあ、可愛いから「なのなの」言わせてみたよw

あと、秋葉行く前に日暮里の布屋でもふもふした生地を買った。
これで耳と尻尾を作りたいw
[PR]
by kitune_again | 2005-09-21 05:17 | ラクガキ