キツネアゲインのブログ


by kitune_again

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本家キツネアゲインへのリンク


ピクシブryunoホーム

↑イラストはこちらから。


ツイッタryuno

↑生息中



本家キツネアゲイン

↑旧ホムペです(今は更新お休み中)

*お友達リンク*

たかのん大国(仮)

(いくたたかのんさんのブログ)

CRIMSON WORLD

(KUREさんのブログ)

火竜の体液

(いぶきちさんのブログ)

CLAYZY★DIARY

(エポ式さんのブログ)

かんづめクオリティ

(Battaさんのブログ)

加瀬風呂

(加瀬大輝のブログ)

t3のグダグダな日常

(t3さんのブログ)

ネガクリ
(タケジロウさんのブログ)

カテゴリ

全体
お知らせ
ウェブ拍手の返事
ラクガキ
戯言
ゲーム
漫画
アニメ
フィギュア、プラモ
キツネ知識
ゲームキャラ100
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2010年 12月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ゲームキャラ100( 15 )

モンハン愛とモンハン日記10

d0028061_2336880.jpg

筆慣らしに書きなぐったモンハン絵。
かなり愛をこめてみましたw
(1のモンスターしかいないのはナイショ)


・オフラインをクリアーした時に追加される。「魂の歌」というムービーを
 まだ見てなかったので見てみた。
 モンハン2のメインテーマに歌をつけて、それをプロモーションムービーのように
 仕立てたムービーだ。
 なんかそれを見たら、ものすごくジーンっときてしまった。
 ムービーの出来自体は他の人から見たら「フーン」っと言う感じの出来だが、
 モンハンをやってる者にとってはなにかいろいろなことが思い出されて、
 妙に感動してしまう。
 1からやってきた様々なことが思い出されるのである。
 自分は仮想現実で遊んでた、ただテレビの前に座っていた。
 しかし、この思いでは実に実感のあるリアルなものだった。
 それが妙に嬉しかった。
[PR]
by kitune_again | 2006-03-02 23:20 | ゲームキャラ100

伝説の尻見せイベント

d0028061_4434099.jpg

ゲームキャラ100
ブレスオブファイア4のアースラ。
いわゆるツンデレキャラ。
最初、敵側で出てきて仲間になるそぶりなんて全く見せなかったのに、
仲間になってくれて驚いたw

2のボッシュを派生させた種族らしいけど(犬)
尻尾とかはどう見てもキツネ。
設定資料集のラフ画にも走り書きで「キツネ」と描いてあったんでキツネでしょう。
バンザイ!!ww

しかし、ブレス4はトラウマですよ。
終盤のあるイベントを見ていたたまれない気分になった。
今までズーッとほのぼのできて、あのイベントはギャップが激しい、鬱w
ゲーム自体は5と同じく、しっかりしたRPG。
風を感じる世界観がすごく良い。
設定資料集は絵を描く上でものすごい参考になるし、
内容も充実してるので興味がある人は買ったほうが良いかと。
これに載ってるおしえたガールが最強にかわいいです、惚れたW
[PR]
by kitune_again | 2005-12-20 04:28 | ゲームキャラ100

生きてぇ生きてぇ生きてぇ生きてぇ生きてぇ~、生きてく。

d0028061_4303773.jpg

ゲームキャラ100
ブレスオブファイア5のニーナ。
空から降って来た赤い羽根が生えた謎の少女、
その正体は人体実験で空気浄化システムを体に埋め込まれた悲劇の女の子。
背中の羽は空を飛ぶためのものではなく、肺胞が外にはみ出たもの。
呼吸をすることによって、汚染された地下世界の空気を浄化する。
いわゆる人間空気清浄機。
主人公のリュウはだんだんと弱るニーナを救うために、
汚染された地下世界からの脱出を試みる。
そんな感じ

ブレスオブファイアシリーズは全部やったけど、5が一番好き。
舞台設定が地下世界ってのが萌える。
それに女の子をどうにかして救うというのはicoに通ずるものがある。
個人的にicoよりもブレス5の方が好き。(ニーナの方がヨルダよりかわいそうw)

ゲーム的にもかなりしっかりしたRPGで、近年稀に見ぬ良作。
テンポも良い。(そして何よりストーリーが良い)
ただ、RPGとしてはかなり難しい部類に入る。
計画的にゲームを進めないと、
ゲーム途中で強くてニューゲームを強いられることになるという鬼システム。
RPG慣れしている人におススメ。

ニーナの武器は魔法の杖なんだけど、舞台がSF調の地下世界なだけあって
杖のグラフィックが水道管だったり、テレビアンテナだったりするのが素敵。
あと見えそうで見えないシースルーのワンピースが素敵w
[PR]
by kitune_again | 2005-12-20 00:46 | ゲームキャラ100

おしえたガール

d0028061_6315016.jpg


ゲームキャラ100
おしえたガール。ブレスオブファイアシリーズの4と5に登場。
4でゲームのシステムを説明してくれるキャラ、いわゆるチュートリアルキャラとして登場。
直接しゃべることはせず、手にはめた気色が悪いモンスターの人形を使ってしゃべる。
5ではチュートリアルの他に店を開いているおしえたガールが3人登場した。
(ちなみに下半身は青の半ズボンに赤いしましまタイツ)

おしえたガールはマイナーキャラだけど、
カプコンキャラの中で1、2位を争うほど大好き。
一時期このキャラばっかり描いてたことがあった。
これを越すほど好きになったキャラはリンダくらいだな。

そういえば俺がカプコンギャラリーに投稿してた時。
おしえたガールを描いて送ったら、違う人が描いたおしえたガールが入賞して、
めっちゃ悔しかった。(すげえマイナーなキャラなのにかぶるとは・・・)
むかついたんで、次に気合入れてモリガン、リリス、レイレイ描いたら大賞取ったw
[PR]
by kitune_again | 2005-12-19 06:25 | ゲームキャラ100

なるへそ

d0028061_7541752.jpg


じじい見てたら逆転裁判の裁判長思い出したので、
逆転裁判の成歩堂描いた。
んでゲームキャラ100に追加。

なんかキリッと描きすぎたせいで似てないね。
なるほど君の髪型の構造は未だによくわからん、
どうなってんだあの髪型w

本当はもう少し色塗りたかったけど、
タブレットの調子がすこぶる良くないので、断念。
う~んwどうしようw
[PR]
by kitune_again | 2005-12-18 07:43 | ゲームキャラ100

「好きだー!」って言って押し倒しちゃえば良いじゃない?

d0028061_932462.jpg


「リンダキューブアゲイン」のリンダ。
声は名探偵コナンの声。

俺はあんまし、恋愛シュミレーションやエロゲーはやんない。
だけど、一度だけ本気でゲームキャラに惚れたことがある。
それがリンダ。

このゲームの基本的なストーリーは・・・

8年後に巨大隕石が降って来て、地球が滅亡する世界。
人々は地球を捨てて他の星に逃げ始めている。
ある時、空から巨大な箱舟が落ちてくる、
「この星の動物たちをひとつがいずつ集め他の惑星に逃がしてほしい」
という神様のメッセージつきで。
そこで動物達を集める役に選ばれたのが、
頼りない平凡な青年のケンと、おてんばの度を越したような性格の女リンダ。
二人はこの星の動物を助けることができるのか?

コレが基本、アダムとイブがベースやね。

それに加えて、ABCの3つのシナリオに別れていて、
シナリオによってリンダの運命が極端に変わってしまう。

Aのテーマは「狂気」
リンダが誘拐され、ケンはリンダを探すが
やっと見つけた病院の地下で、リンダは手にナイフを持ち、血まみれで立っていた。

Bのテーマは「愛憎」
リンダの家が謎の怪物集団に襲われ、リンダの父と母は殺され、リンダは左手を失う。
それ以来リンダは失踪、ケンはリンダを見つけるが、リンダの左腕には大男の腕がついてた。

このようにものすごくドロドロでグロイストーリーが特徴のゲーム。
実際、俺は初めてやったときにシナリオAのラスボスのショックのでかさで
このゲームが気持ち悪くなり、三ヶ月ほど封印した。
それくらいキモチワルくてショッキングでどうしようもなくドロドロのシナリオである。

ここまで聞くと「いやなゲーム」と思うだろう。
しかし、このゲームはそこで止めてはいけない。
シナリオCはAやBのドロドロと対比するようにケンとリンダの純愛が展開されるのである。
それが実にほほえましくて甘酸っぱい。
前のシナリオの地獄絵図と対比されて10倍ほほえましくて、甘いw

ちなみにCのストーリーは

ケンとリンダが箱舟のクルーに決定した直後、ケンはバナナの皮を踏み、
後頭部を強打、そのまま植物状態に陥る。
ケンが動けないのを良いことに、リンダはケンを車椅子にくくりつけて
勝手に結婚式を挙げてしまう。
2年後、リンダがケンの下のお世話をしようとしてた時にケンが奇跡的に回復。
そこから動物集めが始まる。

どのシナリオも言えるのは、
ケンはリンダのことが何があっても好きだし、リンダはケンを世界一愛しているのである。
そこに究極の愛というものを見せつけられた気がした。
それと、同時に主人公のケンを操作する俺自体がリンダのことを好きになってしまっている。
そんなわけ。


あと、リンダキューブはゲームとしても非常に優秀で、
ドラクエのテンポを10倍良くして、ポケモンの収集要素を追加したようなゲーム。
動物集めがすごく熱い、計画的に捕獲していかないとシナリオcはクリアーできない。

上に3ヶ月封印したと書いたが、
なぜそんなにキモチワルイゲームをまたやる気になったかというと、
ゲーム部分の内容がすさまじく面白かったから。

それくらい、面白いんですホント。

とにかく、興味があったらやってみてほしいです。
プレイステーションベストで出てますから。
俺的にこのゲームはストーリーもシステムも今までのRPGの中で一位か二位に
ランクインするほど素敵です。

(ちなみに今回ちょろっと色つきなのはリンダ愛W)

おまけ:
d0028061_1048592.jpg


pcエンジン版リンダ(片目開けて髪の色変えただけなのはナイショだ!)
[PR]
by kitune_again | 2005-11-15 07:49 | ゲームキャラ100

009

d0028061_15534469.jpg


ヴァンパイアのレイレイ。
っていうかおなじみw
またかよっていうな!w

やっぱゲームキャラ100っていったらこの娘入れないとねーw


・・・ふう
二日で9キャラか。
描こうと思えば描けるもんだな。
もうちっと描くの早くなれる気もする。
がんばろ。
[PR]
by kitune_again | 2005-11-14 06:52 | ゲームキャラ100

008

d0028061_4151078.jpg


マザー3発売最終決定祝い。

マザー1のニンテン。
ちなみに外国版はネス。
ネスはアメリカ版ファミコンのこと。
マザー2の主人公は日本版もネス。

バットを片手に動物園に殴りこみ、トラやゾウやワニの集団と対等に戦い、
そこらへんにいるおじさんやら、お兄さんを殴り飛ばし、
終いにはトラックや謎のロボット軍団をバット一本でぶっ壊すとんでもない少年。
もはや超能力とかそういうレベルではない気がする。

ちなみにはじめに仲間になってすぐに別れてしまうピッピは、
育てるとレベル5でニンテンのIQ以外の能力をすべて上回るとんでも少女。
(そのかわりIQは一切上がらない点が興味深い)
動物園の敵は強いので、この娘と一緒にしばらくレベル上げすると良い。
出来ることなら最後まで居てほしい逸材。
メガネより確実に使える。

ちなみに学校の曲はポケットカメラのスタッフロールでも、リミックスされて使われてる。
マザー2だと最初のセーブファイル選択画面で流れる(わかりにくいが)
音楽といえば、このゲームの曲エイトメロディーズは当時の小学校の音楽の教科書に載った。

追記:今気づいた、帽子がおかしいww
ま、いっかw
[PR]
by kitune_again | 2005-11-14 04:26 | ゲームキャラ100

007

d0028061_119855.jpg


「ラグランジュポイント」のジン・オースチン
(オースチンは漫画のときの名前)

コロニーで起こったバイオハザードを調査するための調査団にくっついてきた
パイロット見習い生。
しかし、コロニーに着いたとたんに敵に襲われ、隊長が死亡。
生き残ったジンは隊長の遺志を継ぎ、調査を続行する。
パイロット候補生だったのだが、類稀な戦闘の才能を秘めており、
調査を続けるうちにレジスタンスの主要人物になる。

こんな感じのキャラ。

ラグランジュポイントは俺の中でコナミのSFゲームを挙げる時に
必ず最初に挙がる作品。
(次点はポリスノーツ)
このゲームは元々、ファミリーコンピューターマガジンの企画で、
読者投稿でいろいろの設定を決めていった、ものすごく特異なゲーム。
キャラデザは細野不二彦(グーグーガンモ、ギャラリーフェイク)
エンディング曲はレベッカ(レベッカ自体はよく知らんのだがw)
昔にしてみればとんでもない企画だったが、
コナミはそれを実現して、さらに名作に仕上げてしまった。
濃厚なSFの世界観と細かい設定を見事に生かした演出が巧み。
しかも、カセットにはFM音源チップを使用して、ファミコンとは思えない
高品質な音とそれに劣らないミュージックが素晴らしい。
昔のコナミの力はものすごい。

ファミマガ内で漫画も連載されてた。(細野さんではない)
この漫画も世界観をうまく魅せた、良い出来だった気がする。

とにかくすべてがうまくかみ合った奇跡のゲーム。
(敵の出現率が異様に高いとかのゲームとしての不満点はあるけどねw)
俺的に一番の名シーンはオレギ戦。
「タムのかたき!タムのかたき!!」
[PR]
by kitune_again | 2005-11-14 01:36 | ゲームキャラ100

ロク

d0028061_1617095.jpg


「ロックマンDASH」のロールちゃん。
声はドラミちゃんだよ。
ちなみに、主人公のロックの声はクリリンなので、
何気に天空の城ラピュタのパズーとシータの黄金コンビなんだよな。

ねらってんなあ!カプコンW

DASH2でお風呂を覗くイベント直後にこの娘の部屋にいって日記を読むと
可愛いことが書いてあります。
・・・よく考えたらとんでもない奴だなロック。(オレガソウサシテンダケドネ)

ロックマンDASHは何気に全部やってる。(「トロンにコブン」も)
可愛いくせに、いつもギリギリで勝てるようなシビアなゲームバランスが特徴のムズゲー。
[PR]
by kitune_again | 2005-11-13 16:24 | ゲームキャラ100